N様お墓工事

「ぜひ、ここの石でつくってください!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年末より、お問い合わせ頂いていましたN様です。<(_ _)>

 

上の写真は

 

2015年6月の

 

大島石の山西石材さんの丁場の写真です。

 

今回丁場見学には、N様のご都合上

 

ご案内することはできなかったのですが・・・(ノД`)・゜・。

 

なな、なんと(◎_◎;)

 

2017年4月中旬の丁場の写真を独自に入手(≧◇≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重機の位置が下がってきてきていますね。

 

絶好調の証です!

 

丁場の入り口を、

 

丁場側から見ると

 

何故か落ち着く

 

空・島・海

 

風向きによっては

 

ジェットバーナーの爆音が

 

対岸まで聞こえることも・・・(◎_◎;)

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大島石を、

 

地球から切り離しています。

 

水をかけると

 

色が鮮やかに青みが増してきます。

 

そして、

 

検品、また検品・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度かの検品を、

 

無事に通った「子」たち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きちんと整列し、

 

待ってくれてます(*´▽`*)

 

 

 

3月吉日。

 

無事に法要が行われました。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

物置石は

 

万成石の皮肌つきです。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

万成石採掘元の

 

武田石材さんに、

 

あらかじめ大きさ、好みの仕上がり具合など、

 

お願いしていましたので

 

選り取り見取り~(≧◇≦)

 

楽しい時間を過ごせました~(*´▽`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰り道は、ちと危険なドライブでしたが・・・(・_・;)

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

N様、

 

大島石・山西石材を選んで下さり、

 

誠にありがとうございました。

 

もちろんのことですが、

 

ご縁を頂き、

 

また大変喜んで頂き

 

私どもは感謝の気持ちでいっぱいです。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

地獄谷2017

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」

 

危険を避けていては、

 

大きな成功も有り得ない・・・

 

そんなたとえが真っ先に頭に浮かびます。

 

1484892639034

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良質な子(大島石)を

 

求めて

 

突き詰めていくと、

 

 

1484892632314

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「地獄谷」と呼ばれる

 

丁場に足を運ぶことになりました。

 

 

 

1484892624970

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこから生まれた子(大島石)たちは、

 

どの子もカワイイ(*´▽`*)

 

 

1484892616427

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注文に応じた大きさに

 

仕上げられた子たち(*´▽`*)

 

どんな風に育てられ、

 

どんな方のもとへ

 

嫁いでいくのでしょう(*´▽`*)

 

「貴婦人」とも呼ばれる「大島石」

 

きっと、

 

どなた様も喜んで頂けると思います。<(_ _)>

 

 

1484892672757

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真協力

 

「地獄谷」

 

大島石・山西石材さんでした。

 

 

1484892660333

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も

 

大島石絶好調ですヽ(^o^)丿

 

よろしくお願い致します。<(_ _)>

 

P1030823 (3)

 

 

 

 

 

山西石材・社長

小田 和比古氏

 

 

 

ジャスティス(≧◇≦)

 

 

 

 

小田社長のブログをご紹介します。

 

めちゃお洒落です(*´▽`*)

 

大島石と朝の空 vol.271

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再び・・・備前焼

万成石丁場見学と、備前焼登り窯見学から1か月後・・・

 

151110_095807

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、再びこの店に来ていました。

 

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの根気のいる粘土づくりを

 

魅せられてしまったら

 

その土でできた作品を見たい!

 

そう思うのは私だけではない と、

 

つい車を走らせてしまったのです。

 

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの粘土から焼き締められた作品です。

 

見てるだけでも楽しくなります。

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にどれにしようかと、

 

迷ってしまいますね。

 

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

備前焼には、植物を長持ちさせる作用が

 

あるらしく、まだ小さなつぼみのうちから

 

花が咲いても長い間、楽しめるそうです!

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

その中でも特に気に入ったフリーカップをチョイス!

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

再び・・・

 

万成石丁場の武田石材さんへ

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

その足で、

 

万成石の端材を分けてもらいました。

 

その中からの選り抜きですが、

 

皮付きのお洒落な花台が出来上がりました。

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これぞ岡山県の土で出来た陶器と

 

岡山県の石、万成石のコラボレーションですね。

 

そして、

 

私の・・・「マイ備前」登場です。

 

丁場見学のあとで

 

ピンと来ない私を見かねて

 

T様がプレゼントしてくれました。

 

DSC_0011

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きめ細かな泡で、うまいビール

 

「備前焼には微細な凹凸があり

 

気泡能力が高いことから、

 

泡はきめ細かく泡の寿命が長いことから

 

より美味しく飲むことができます。」

 

(パンフレットより抜粋)

 

私の寿命も長くしてくれそうな

 

お気に入りの「マイ備前」です。

 

いつか、 自分で形を作ってみたいなと思いながらも

 

ひび割れしないよう厚みを持たせて、

 

重たく作ってしまうと思われるカップ。

 

実用的に使えないなと、苦笑しながら

 

飲みかけたビールを飲みほしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

T様・万成石丁場見学・feat.備前焼登り窯見学 2  

岡山県の石!

 

「万成石」の最前線である採石場。

 

またの名を

 

石屋用語ですが、「丁場」と

 

呼んでいます。

 

昨年の11月

 

T様を、「丁場見学」へご案内いたしました。

 

151110_094919

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壮大なスケールにT様もご満悦!

 

私もここの

 

丁場へ来ると何故か落ち着きます。

 

山から頂くパワーと、

 

万成石のパワーと、

 

若き山石屋さんのパワーで、

 

毎度、助けてもらってます。ぺこり

 

151110_095807

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、万成石丁場見学のあと、

 

T様のご提案で、

 

「備前焼登り窯見学」に行ってきました!

 

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店から少し離れた場所に

 

窯があるそうなので移動しました。

 

道中、いたるところで

 

窯の煙がもくもくとあがっています。

 

約1200度の高温で2週間前後

 

焼き締めるため、

 

「投げても割れぬ・・・」

 

と言われるように・・・

 

P1030960

 

 

 

 

 

 

 

 

松の割木を燃料に使うのですが、

 

一度、窯に火をつけるとここに置いている割木は、

 

全て使ってしまうそうです。

 

 

P1030961

 

 

 

 

 

 

 

 

教えてもらえば納得なのですが・・・

 

実は、良質の粘土づくり

 

これがびっくりするほど、

 

根気のいる作業。

 

P1030943

 

 

 

 

 

 

 

 

いくつかの水槽に沈殿させて、

 

何回も水を入れ替えて不純物を取り除き、

 

P1030942

 

 

 

 

 

 

 

 

脱水させ、

 

一度カスカスの乾いた状態にさせて

 

P1030944

 

 

 

 

 

 

 

 

良質な粘土を作っていくそうです。

 

良い素材で良いものを・・・

 

これは、作り手さんの理想ですが、

 

お墓の業界でも同じですね。

 

P1030959

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの作品が所狭し状態です。

 

P1030955

 

 

 

 

 

 

 

 

作品と作品の間に

 

ワラをはさんで、くっつくのを防止します。

 

そのワラが焼けて赤い線がある模様を

 

「ヒダスキ」と呼ぶそうです。

 

P1030956

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030951

 

 

 

 

 

 

 

 

実際の焚き口はこの辺りです。

 

P1030952

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは、耐火レンガを積みふさぎます。

 

P1030953

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030948

 

 

 

 

 

 

 

 

窯の内の様子です。

 

P1030949

 

 

 

 

 

 

 

 

ここへぎっしり作品が並べられて

 

1200度で二週間、交代で泊まり込み 

 

夜通し火の番をされるそうです。

 

 

「いつかまた

 

登り窯に煙があがった頃

 

その模様を見学したいですね。」

 

と、T様と登り窯をあとにしました。

 

次回はこうして出来上がった

 

作品を置いているお店の模様です。

 

最後までおつきあい、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

T様・万成石丁場見学・feat.備前焼登り窯見学

半年前・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディーT様と、

 

岡山県の石・万成石の丁場へ

 

見学に行ってきました。

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

前日の雨で、足元が悪かったのですが、

 

これも丁場の過酷な条件を見て頂くには、

 

最適?

 

なのかな?

 

 

151110_095721

 

 

 

 

 

 

 

 

山からほぐり出した石を、

 

注文に応じた大きさに

 

割る作業場におりてきました。

 

 

 

 

151110_095807

 

 

 

 

 

 

 

 

とても大きな重機に

 

話しがはずみます!

 

この赤いクレーンゲームみたいなの

 

どのくらいまでの大きさの石を

 

つかむことができるのかな?

 

 

151110_095901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万成石丁場・武田石材さん

 

お忙しいところ

 

大変ありがとうございました。

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は・・・

 

T様もうひとつのお楽しみ?とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディーT様自ら、

 

ろくろと格闘?してしまう趣味をお持ちです。

 

次回、

 

備前焼の登り窯見学です。

 

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大島石の丁場から貴公子降臨!

平成二十七年十一月・・・

 

img005 (4)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大島石採掘元の山西石材・小田社長様が、

 

応援に来て下さいました!

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大島石 と言っても

 

数十件ある採石所によって石の目の細かさ、

 

色の濃淡、石の硬さが違ってきます。

 

 

 

山西石材さんの丁場は、

 

大島で一番高い山「念仏山」の

 

「地獄谷」と呼ばれる場所で、

 

採石しています。

 

P1030816

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が子供の頃、

 

名前はおっかないけど、

 

特に石目の細かい濃い石なら

 

「地獄谷」へ行け!

 

と言ってるのを、注文した原石を運んできてくれる

 

自らも丁場で石を割る山石屋さんが言ってたのを、

 

いまだに覚えています。

 

伊予のおっちゃんの言うことホンマかいな?

 

あの当時から気になってた「地獄谷」。

 

 

 

ひととおりの仕事が、出来るようになれば、

 

「素材」となる「石」を突き詰めていくのも

 

おもしろいと思い、

 

いろんな顔の大島石を見ました。

 

たくさんの顔を見れば見るほど、

 

「う~ん」

 

その子たちの、いいとこ、悪いとこをもっと引き出したい。

 

意外と欲張りなんですよ(笑)

 

 

 

そこでまた出会ってしまった「地獄谷」の「石」

 

子供の頃聞いた、 伊予のおっちゃんの言葉思い出し、

 

そうじゃった、迷う必要はないわ!

 

建てて、20年以上経ったお墓を自分の目で見てみよう。

 

新しく原石を切削し、

 

磨かれたお墓では分からないことを探しに・・・

 

 

 

「地獄谷」の石である

 

そのお墓は、

 

時を経て、より一層青みが強く

 

建てた当時よりも、群を抜いて風格が増し、圧倒的な存在感。

 

奥行きのある石肌に・・・

 

 

img005 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日では、

 

山西石材さんのご協力の元、

 

採石所へ施主様をご案内させて頂くことが

 

可能になりました。

 

 

P1030820

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壮大なスケールの丁場、

 

大島石の歴史をふれて頂くのは

 

もちろんなのですが、

 

 

 

大島のロケーションがとても良いのです!

 

P1030764

 

 

 

 

 

 

 

 

来島海峡急流観潮船で、

 

 

P1030778

 

 

 

 

 

 

 

 

日本三大急潮流の一つの

 

来島海峡の急流を間近に体験!

 

 

P1030802

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから暖かくなり、

 

「丁場見学」日和になります。

 

 

P1030777

 

 

 

 

 

 

 

 

大島石「丁場見学」に、興味をもって頂き、

 

ぜひ!

 

ご案内させて頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

当社展示場にて、

 

山西石材・小田社長おすすめの石塔です。

 


P1040005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様方

 

引き続き、よろしくお願い致します。

 

 

img005 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山西石材さんのサイトで

 

大島石に関わる最新情報が楽しめます。

 

http://yamanisi.info

 

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸・・・

 

 

小田社長様

 

私のホームページ制作にあたり

 

アドバイスご協力頂きありがとうございました。

 

また、今回のブログ更新大変遅くなり

 

誠に申し訳ありません。

 

また、「地獄谷」で会いましょう!

 

 

 

 

 

 

最後まで ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H様・万成石・丁場見学 番外編

月日が経つのは早いもので・・・

 

H様・番外編まだなの?

 

申し訳ありません

 

私なりに葛藤する部分に踏ん切りつかず・・・

 

時間がかかりました。

 

どうしても、リアルさを出したいと思い

 

掲載写真の加工編集なしでいきます!

 

ご協力お願い致します。

 

 

P1030884

 

 

 

 

 

 

 

 

H様・万成石・丁場見学の写真を整理しながら、

 

H様にお渡しする写真をまとめて、

 

挨拶かたがたH様のお宅へ伺いました。

 

 

ピンポーン♪とチャイムをならし

 

お昼前でもあったので

 

写真をお渡しするだけのつもりだったのですが・・・

 

 

 

「先日はお疲れ様でした。

 

万成石の丁場へご案内させて頂きありがとうございました。」

 

ご迷惑にならぬよう玄関先でお渡しするつもりだったのですが、

 

 

「そうそう!見せたいものがあるんだよ!」

 

「時間大丈夫だったらあがってくださいな」

 

 

いいのかな?と思いつつも

 

興味津々の私。

 

靴を脱ぐのと、どちらが早いタイミングか

 

わからないほどの勢いで

 

 

「おじゃましま~す」

 

H様邸へ潜入(笑)しました。

 

早速写真をお渡しして、当日の思い出を振り返りながら

 

 

「あれから道行く先で、これは万成石かな?って気になって

 

立ち止まって見てしまったり、さわってみたり、

 

本当にあちこちで使われているんですね。」

 

 

P1030915

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はい。そうです!

 

そんな大人気の万成石の鏡開きは圧巻!

 

私も興奮しましたよ~!」

 

 

 

 

P1030893

 

 

 

 

 

 

 

 

この石は、

 

H様に出会うため、何万年も待っていた!

 

全て自然に摂理のままに・・・

 

なんて言葉も自然に似合う!

 

 

P1030900

 

 

 

 

 

 

 

 

天候にも恵まれて

 

 

P1030923

 

 

 

 

 

 

 

 

忘れられない一日になりました。

 

 

 


P1030914

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

「私も見せたいものがあるんだよ」

 

「裕ちゃんのお墓も万成石だって聞いてね、

 

友人に電話して聞いてみたりして・・・

 

懐かしい

 

十七回忌の時の珍しいものが見つかってね。」

 

 

 

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十七回忌のためだけに特別に製造されたものです。

 

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石原裕次郎さんが銀座のお店「M」で

 

実際に弾かれていたウクレレだそうです。

 

 

そして

 

数々の著名人の方々の

 

H様へ宛てられた色紙!

 

 

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう言葉はいらないですね。

 

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰もが知っている

 

キャラクターたち

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルバム発売されると

 

EPOさんから送られてくるそうです。

 

 

 

 

この方どなた様ですか?

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「インドネシア第五代大統領だよ!」

 

 

茶葉でインドネシアにはお世話になっているからね。

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他大勢の著名人の方々と

 

お付き合いされているH様。

 

これからも、楽しいお話し

 

聞かせて下さい。

 

引き続き宜しくお願い致します。

 

 

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H様・万成石・丁場見学 ~mannarist~ (3)

万成石の鏡開きで

 

さらなるパワーを身につけたH様。

 

私も少しあやかりたいものです。

 

 

P1030899

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万成石丁場 「武田石材」さん、ありがとうございました。

 

 

 

次に向かったのは、

 

日本三名園の一つ、

 

岡山後楽園です。

 

 

 

P1030900

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡山後楽園は、岡山藩主・池田綱政公が

 

家臣の津田永忠に命じて

 

1687年に着工、1700年に一応完成。

 

その後も、藩主の好みで

 

手が加えられたそうですが

 

江戸時代の姿大きく

 

変えることなく現在に伝えられています。

 

 

 

P1030901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H様の後方にかすかに見えるのが

 

岡山城です。

 

 

では、いってきま~す。

 

 

 

P1030918

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡山藩主・池田氏の

 

筆頭家老を務めた

 

伊木家 と、ゆかりのあるH様。

 

 

 

 

P1030902

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030903

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガイドの方の熱心な説明に

 

華が咲いています。

 

 

P1030904

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくなので

 

お城の中も見学しましょう。

 

 

 

 

たまたま

 

特別展示期間中で、

 

珍しいものばかりでした~

 

 

 

 

P1030905

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030909

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030910

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030911

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030914

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

烏城をバックに

 

記念撮影おねがいしま~す

 

 

 

あれっ

 

この石は万成石じゃないの?

 

 

P1030915

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この庭灯籠も

 

万成石みたい~

 

 

 

P1030916

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうですね。 もう完璧に分かって頂けましたね。

 

H様も、立派な「mannarist」ですね。

 

 

後楽園へもどり

 

 

P1030919

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再び散策

 

 

P1030920

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030921

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030922

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030923

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天候にも恵まれ

 

私にとって忘れられない日になりました。

 

H様、引き続き宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。

 

 

顔ハメ~

 

 

 

P1030908

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回

 

H様番外編の予定です。

 

 

 

 

 

 

H様・万成石・丁場見学 ~mannarist~ (2)

P1030884

 

 

 

 

 

 

 

 

万成石が、地球から切り離される現場を、

 

直接 H様にも

 

体感してもらえるようにと、

 

万成石採掘元であります「武田石材」さん

 

に、「 丁場見学 」として

 

お邪魔しています。

 

 

そこで、山石屋さんが

 

どのようにして、石を割っていくのか

 

どんな作業なのか、

 

興味をもって頂けたら幸いです。

 

 

 

P1030883

 

 

 

 

 

 

 

万成石男 × カタブツ = mannarist

 

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万成石

 

まさに、ここから産声をあげます。

 

ダイナマイトを使用して巨大な玉石である

 

万成石を山から、切り離していきます。

 

 

 

P1030885

 

 

 

 

 

 

 

 

かなり大きなものにも

 

対応できる

 

非常に安定した良い状態の

 

採掘場と言えます。

 

 

 

P10300681

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、お墓を作れる石になるか

 

環境材、または規格外なものなどを、

 

選り分けています。

 

また

 

万成石の砂利石も注目されています。

 

 

 

__ (2)

 

 

( 万成石男ブログ )

 

 

 

 

 

 

 

次に、

 

 

 

P1030887

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで墓石材にと、

 

選られた石が、注文に応じた大きさに割る

 

小割りと呼ばれる作業です。

 

今回は、

 

「 丁場見学 」初体験とも噂されています

 

施主様による石割り体験を

 

採掘元の武田石材さんが、準備して下さってました~!

 

 

P1030889

 

 

 

 

 

 

 

 

あらかじめセリ矢まで挿してスタンバイ!

 

 

 

P1030890

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで、全てに均等に打ち込んで下さい。

 

 

P1030892

 

 

 

 

 

 

 

 

では H様による石割りのはじまり~はじまり~

 

 

P1030893

 

 

 

 

 

 

 

 

数々の偉業をなされたH様

 

 

P1030894

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大手飲料メーカー会長

 

 

P1030895

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(社)全国清涼飲料工業会会長

 

 

P1030896

 

 

 

 

 

 

 

 

(社)食品容器環境美化協会会長

 

 

P1030897

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(財)食品産業センター理事 etc.

 

 

P1030898

 

 

 

 

 

 

 

 

H様御見事~!

 

綺麗に割れましたね。

 

鏡開き大成功でした!

 

P1030899

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万成石が開いた時の

 

時空を超えた神秘的な鼓動!

 

体感して頂けたと思います。

 

お墓づくりの物語

 

お手伝いさせて頂き、有難うございます。

 

H様、引き続きよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~楽屋裏~

 

 

untitled

 

 

 

おすすめのテーブルドリンクです。

 

パッケージもカッコイイですね。

 

 

 

 

 

 

 

次回は丁場見学後の

 

岡山城・後楽園散策編です。

 

 

to be continued

H様・万成石・丁場見学 ~ mannarist ~

1ヶ月前・・・

 

 

untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万成石のお墓を

 

ご契約いただきました

 

H様御一行様をご案内し、

 

万成石・丁場見学に行ってきました。

 

 

P1030881

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天候に恵まれ

 

まさに丁場見学日和です。

 

一見なんてことない道でも、

 

ひと雨降ると、

 

スリップして車が動かなくなったり、

 

歩くことも困難な

 

過酷な現場です。

 

 

P1030883

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのなかで、

 

切磋琢磨され、

 

常に、

 

良質な万成石を、

 

生み続けています。

 

 

 

P1030882

 

 

 

 

 

 

 

 

万成石採掘元の

 

 

武田石材さんのご協力で

 

丁場見学「初」とも

 

 

 

P1030885

 

 

 

 

 

 

 

 

噂されてる

 

石割の体験も行いました。

 

その模様は、次回作に・・・

 

 

P1030884

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに大きな石も

 

対応できます。

 

武田石材・社長様・専務様(万成石男)

 

も加わって・・・パシャ

 

 

 

to be continued