ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

O様お墓工事

六月いよいよ

工事スタートです。

草がぎっしりです。

これはもう免れない自然の摂理なのです。

根こそぎ表土を

スキ取りましょう。

墓地の工事も非常に大事。

職人の技量、采配で

かなり差が出ると

思います。

お墓の文字彫刻。

こちらも肝心な作業(・_・;)

まず、

正面の文字のレイアウトです。

いくつかのパターンから

好みをチョイス!(^^)!

O様の前向きな想いが

インスパイアされた

原寸原稿を貼り付け

文字彫刻スタンバイ完了です(*´▽`*)

現場は一気に生コン打設です。

コンクリートのコテ仕上げ(*^^*)

実は、時間との戦いでもあるのです(>_<)

気温上昇でコンクリートの

乾く時間が(固まる時間)が

早まってしまうのです。

うっかり他の用事でも

急に入ると

ゴメンナサイ今は、身動き出来ません<(_ _)>

ブログはサボっても

現場はキッチリ!(^^)!

梅雨の貴重な晴れ間

無事に完成しました!(^^)!

無事完成と、安堵したのもつかの間

時間差で

筋肉痛もやってきました(≧◇≦)

本日もありがとうございました。

丁場見学のあと⑵

庵治石三昧で

お腹いっぱい(≧◇≦)

では、

香川県では別腹とも言われている

うどんを食べに行きましょうヽ(^o^)丿

太くて長いうどんは、

弟子の頃よく食べさせてもらった

当時のままで、

一度食べたら忘れられない美味しさです。

このうどんのように、

太く長く切っても切れないのが

「ご縁」

大切にしていきたいですね。

あー!

だから

うどんは、

噛まずに飲み込めって言われてたのかな(・・?

さて、

お次はケーブルカーに乗って

八栗寺に向かいます。

リアルにパワーが伝わってきます(*´▽`*)

良く晴れた絶好の見学日和です。

実は、もうひとつお約束のパワースポットへ

ご案内!(^^)!

私のブログでも、

一度記事にしていますから

ご興味がございましたら

探してみてくださいね<(_ _)>

一日ではとても足りないほど

見どころ満載の栗林公園でした。

見返り獅子など置石も楽しめますね。

本日もありがとうございました。

丁場見学のあと

丁場からおりても

まだまだ興奮冷めやらぬ(≧◇≦)

再び、ナンバリングされた原石を見せてもらうと

また、違った見方ができるので

おもしろいのです(*^^*)

おなじ丁場でも

採石位置により若干の目合い、色見

最大の特徴でもある斑のパターンなど、

合わせにくい繊細さを持つ庵治石細目。

あとで手を加えて

合成したりすることが

出来ない

完全無欠の天然石。

故に、

お墓一基分の注文に応じての石取りも

庵治石の特徴を捉えている社長ならでは…

注文書の石の大きさ、使用する量を見極め、

この子らでいけるんちゃうん!

なんとも曖昧な石取りなのでしょう(;^ω^)

それもそのはず、

大口径で切削、

最終的な本磨きまでに至るまで

庵治石を知り尽くした職人さんの

厳しいチェックを通過しながら

ひとつの仏石(竿石)が

出来上がるまで

何度も石を取り替えて

やっと

産地お墨付きの

お墓が出来上がるのです。

切削後、原石では目視出来ない

イレギュラーに対応すべきの

ナンバリング供給なのです。

今日も和伸社長、漢気発揮!

良質な細目厳選ドストライク(≧◇≦)

本日もありがとうございました。

O様庵治石細目丁場見学

一度気に入ったら

とことん追求してみたくなるのは

やはり単純に

興味深いから。

そしてその石は

ヒトを引き寄せるパワーを

備えているように

強く感じてしまいます。

令和元年11月吉日。

まだ薄暗いなかの出発です。

走行中日の出を迎え

だんだんと明るくなり

朝がはじまっていく光景を

目にしながら、

瀬戸大橋を渡ります。

天候にも恵まれ

遠く先までも見渡せるほど(^-^)

強風のときは

橋を渡るJRマリンライナーも、

運休になるほどなのです。

さて、香川県に入ると

弟子の頃よく言われてました。

現場作業から帰り道

迷ったら屋島見ながら帰れ

と、よく言われてました(笑)

丁場から見た屋島

てっぺんが重機で整地されたように平ら。

庵治石の丁場は屋島の対岸に位置します。

この山で大事に庵治石を採掘している

和伸社長。

O様へ採掘方法などの説明をして

くださっています(*^^*)

当たり前のことですが、

丁場への出入りは一般には

入れない言わば

聖域なのです。

「今、とっりょる石まで

あがってみまい!」

マジでいいんですか~(≧◇≦)

奥の岩盤で作業している重機の作業を

止めていただき

大きな庵治石の上で

語らう時間。

しかし、なんとも見事に…

とてつもない大きさ(゚д゚)!

相当な金額では?

埋蔵金☆

 

いやいや、

この石全部がお墓に使えるわけではないんでなあ

と、照れくさそう(^-^)

まだまだ庵治石細目は十分にある。

そう実感した見学でした。

素材に勝るものなし

只々、聖域大丁場を前にして

ご縁に感謝。

「幸運を引き寄せる」

そういった表現も過言ではない。

そう確信しました(^-^)

本日もありがとうございました。

プロローグ

ブログ滞り更新中~(≧◇≦)

ゴメンナサイ<(_ _)>

相反して

現場作業はおかげさまで

滞りなく

進んでいます。

11月初旬

残ったコンクリートを

積んで帰る途中に寄り道

移設工事の下見をと・・・

雑木林のなかをあせって

駆け上っていると

突然の激痛

そう、またしても

天敵スズメバチ

しまった!かこまれた~(゚д゚)!

枯れ草に倒れ込み

ゆるやかな斜面を

転がり落ち

逃げ切りながらも

頭部

二箇所刺され(>_<)

慌てて車に乗り込む。

ありゃりゃ

眼鏡がない!

ローリング中

どこかへ

いってしまったみたいです((+_+))

そんなエピソードを

お話ししたでしょうか(;^ω^)

12月年末のお忙しい中

憧れのフレームを

届けて下さいました。

早速

自分の度数に合うようドッグ入り。

さて、

サラッとクールに

「つかいまい!」

讃岐弁の送り主は

庵治石細目丁場の和伸社長です。

ここの丁場から

始まる

O様庵治石細目丁場見学。

いよいよ

聖域へ足を踏み込みますヽ(^o^)丿

きっと

「御眼鏡に適う」

そう信じています。

本日もありがとうございました。