K様お墓工事 家族~絆

今年は恒例行事の

古鷹山登山も

やむなく中止とし、

いささかしょんぼり😞

早く新型コロナウィルス

気にしないで暮らせるようにならないかな

と、願うばかりです。

さて、工事途中の

K様お墓工事も無事に完成しています。

イノシシに荒らされていた斜面も

 

コンクリートで固めて安心。

お墓のまわりも

まさ土でしたので

草むしりなどの手入れのことを

考慮して

こちらもコンクリートで固めて

草むしり不要です。

次の世代へバトンタッチです。

とはいえ、

K様もまだまだお元気。

こういった活動はまだまだ早いのでは?

そう思われがちですが

今回のK様工事で

私もたくさん勉強させていただきました。

早目早目の行動が

取り戻すことのできない時間を

有意義なものにする秘訣なのでしょうね。

法要とあわせて

工事の完成ご報告です。

実は

今回の工事の記念に

なにか想いを残したい。

私にできることは

やはり

餅は餅屋

石は石屋で想いのこもった

記念碑をつくらせていただきました。

さて、記念碑の文字は

どんな言葉がいいかな

誰が書くの?と、

早速、家族会議が始まったのは

言うまでもありません。

現在、離れて住んでいても

リアルタイムで

この難題を共有できるのは

羨ましく感じます。

私も、どんな言葉?

どなたが書かれるのかな?

興味津々(^-^)

送られてきた原稿を

石に合わせてサイズ調整。

苦心の跡がばれるので

このくらいでご勘弁<(_ _)>

実はこの石…

ご紹介をと思いましたが、

次回ゆっくりと<(_ _)>

さて、ついに

緊張の一瞬

碑文の筆を託された勇者

自らの手でベールを脱がす

現場作業の関係で

この場に立ち会えなかったこと

誠に残念です。

それでは、

お顔拝借

よろしくお願いいたします。

ありゃりゃ(;゚Д゚)

なかなか分かってらっしゃる^_^;

お約束ですもんね(*^^*)

気を取り直してパシャリ

本日もありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です